韓国の画像や、韓国のミュージックの重視について

さて、11月に入り、寒い冬季となりました。あなたは、いかがお過ごしでしょうか。ボクは、30代のサラリーマンで、売り買いから早く帰ってきた瞬間や、売り買いが日曜日等々、暇なときに、家で楽曲を聴いてある。また、図書館の視聴覚室で、フィルムを見て、過ごしています。特に、最近では、韓国の楽曲を聴いたり、韓国のフィルム等々韓国伝統を感じることができる作品が愛する。
 好きな楽曲についてですが、その日の気分に合わせて、楽曲によって生活することが好きです。学生時代に外国に旅行した時や、学生時代全ては、MISIAを、よく聴いていました。社会人になった昨今では、学生時代に韓国を、何度も訪れたことがあり、懐かしく捉え、韓国楽曲を聴いてある。BIGBANGや、SHINEEの楽曲を聴いてある。それらの楽曲は、かっこ良く、パワーをもらい、明るいやる気になれます。
 好きなフィルムについて、同じく韓国のフィルムのシュリが好きで、何度も見てある。フィルム全体のハン・ソッキョの行為の参戦は、見分けるのに飽きません。また、ハン・ソッキョが主役として演ずるユ・ジュンウォンと、キム・ユンジン演ずるイ・ミョンヒョンとの色恋の安否や、ユ・ジュンウォンとソン・ガンポ演ずるイ・ギャンギルの仕事上での絆からは、今の邦人が忘れてしまったような大和魂という内面を感じ取ることができ、お勧めです。フィルム総合には、他にも、色々な言葉性があり、淡水魚のともなくてはならないものという魚のコネクションのお話等々、なぞかけという企業がフィルムの各国にあり、見分ける第三者を飽きさせません。

▲ページトップに戻る