家計の中に占める、サプリ費用の割合が結構、、、

年寄りにアクセス突っ込んですわれわれアベック(いや、旦那は両足どっぷりですな)
言わずもがな、やはり養分が偏ってしまう。
我々は、午前はトースト、コーヒー派。
旦那は和食派、でもコーヒーは飲んでいる。
しかもステイックシュガー2正式も入れてからに、
糖尿になってんじゃあないの?
こうなると、右腕がサプリ。
旦那もかれこれ約2時期くらい呑み続けている(と言っても我々がケースに入れている)
2種類のサプリメントを飲んでいる。
面倒くさみたいに飲んでいると「特別やめてもいいんだけどさ、解約するかい?」
と脅しをかけると「いやいやいや、ちゃんと飲み込むから」とそそくさと飲んでいる。
小児も、アレルギーのサプリメントを飲んでいる。
でもねえ、サプリは決して安くはない。
しかもファミリー三クライアント、一クラスだけではない。
我々は、と言うと家族の中でベスト高額なサプリメントを飲まさせていただいている。
関節が痛いので、関節の痛みを和らげるサプリメントらしい。
いいえ、実は「コラーゲン」のぼる美にいい商品もはいっているから。
前日家計の中におけるサプリ金がいかほどなのかを算出した。
おおお、、結構占めていますのね、、
いかんせん、、何かやめようか?誰のを辞める?
やっぱ旦那のでしょ?もっての外?(なんて汚いのだ我々)
スイーツ金の出費を押さえればいいのか、そうよねえ。
いろいろ悩める我々だ。

▲ページトップに戻る