フレンチトーストを昼めしに作ってみました。

今日の昼飯にフレンチトーストを作ってみました。娘の離乳食にパンがゆを作ったのですが、ベビーが摂るパイですから、食パン6枚切りの1/8ほどしか使いません。そこで、中途半端に余った食パンがもったいないのでフレンチトーストにすることを思いついたのです。しかも使ったのが山崎パンのダブルクリーミーだったので、フレンチトーストにするにはちょうど良いですよね。
余った食パンとパンの耳を溶き卵と豆乳、ハチミツを混ぜた液に漬け込みます。ポイントは豆乳とハチミツでヘルシーにしてみたことです。よく液がパンに滲むように、焼く2年月前から漬け込んで冷蔵庫に入れて置きました。
そして正午にフライパンにオリーブオイルを温め、よく液が染みたパンを低温でじっくり焼いていきます。本当はバターを使いたいのですが、カロリーを気にしてやめました。焼いている途中からいい香りがしてきます。両面にほどよく焦げ色合いをついたらお皿に盛り、ハチミツをちょっと垂らして貫徹だ。優雅な食事となりました。

▲ページトップに戻る