たまには歯を処理しないと、自分の歯が反対のデモンストレーション行進をするかもね。

一月先ほどほど前のことである。
会社でミニ菓子を食べていたときに、口の中でガリッ!という音色がした。
「何て硬いミニです」と思ったら、その音色の正体は自分の歯であった。
上の右手における歯が欠けてしまったのだ。
歯医者に通い、過日医療が終了したが言い出しはここで終わらない。
今度はそれから2ウィークほど過ぎたある日。
餅を食べていると口の中から、またゴリッ!と音色がしたではないか。
「まさか」と思ったが、そのまさかであった。
右手の奥歯にかぶせてあったメタルがポロッと取れてしまったのである。
立て続けに歯の邪魔にみまわれたあたいは、
過日と同じ歯医者の椅子で大きく口を開けながらふと思った。
「これは歯の試用行進かもしれない」
考えてみれば歯医者に行くのは五ご時世風のことである。
その間歯の皆さんも「ケアはまだかー」と
ガマンしていたのであろう。
歯が欠けたり、メタルが取り去れたりという病状は、
歯という土俵なりの異見姿勢だったのでは、
と考えたのである。
それなら皆々様の気持ちは万全受けとめた。
だから、今回の右手奥歯からの異見だけで、
歯の試用行進を終わらせて望むと、切に狙うあたいです。

▲ページトップに戻る