とても大切な自分に合った朝ごはんのススメ

皆さん、今朝は何を食べましたか? 朝ごはんの役目を簡単に言うと、「何でも良いので何かを少しでも口にできていればOK」と言うことになります。 「朝ごはんは大切」「早寝早起き朝ごはん」とよく世間で言われているように、一日の要となる朝ごはんが何故大切なのか? 少しだけ探ってみましょう。
 何かを食べるという行為は人間だけではなく、生命にかかわる犬、魚、虫、や植物まで皆栄養を補給するため形の差はあっても何かを食べて生きています。 特に成長過程にある若い方は、健全な身体作りをするためにもバランスの良い栄養摂取が必須であり、時間を惜しむ学生の皆さんや忙しい社会人の皆さんも食事を摂ることは免れない責務です。
 他の生物とは違い、毎日同じ時間に起き、大半は昼間に活動をし、夜の更けた頃に眠るというきちんと決められた時間で動いている私たちですが、肝心の身体の方はそう上手くは動いてはくれません。一時期騒がれた最悪の「過労死」という悲惨な事象があるように、常に「休みたい」と悲鳴を上げている毎日ヘトヘトになりながら仕事をする社会人、そして徹夜で勉強に励む学生の皆さんの身体に活力を与える効果を発揮する朝ごはんは、身体が望む一番の滋養であると言っても過言ではありません。
 皆さんは朝、目覚めよく起床できていますか? 疲れている身体は「疲れ」の原因である老廃物を体外に排出するために睡眠によって自己を回復させきちんと休むことによって目覚めた後も活動ができるようになりますが、時間で動いているため身体を十分に労わることができません。 しかし、私たちが活動するためには、身体に備わっている体内時計によって日の出の時間帯を認識し朝日を浴びて一度リセットされた自分の身体にサイクルを作る必要があります。 身体のサイクル作りは、毎日のスケジュールの節目となる朝が最適な時間帯です。 毎日の消化しきれない疲労やストレスに少し目をつぶってもらうには身体のサイクル作りが欠かせません。 寝起きの身体を完全に起こす、さらに相当のエネルギーを必要とする眠るときも身体を落ち着かせる、といったサイクルを身体に覚えさせると疲れを一時的に封じ込めることができます。
朝ごはんを摂ることは、栄養摂取の面だけでなく、「日々の慌ただしい生活になるべく適応し、身体に無理をさせない」という意味でとても大切なことです。
身体に活力を与える朝ごはんを早く済ませてしまいたい方は、少しでも何かを口にするようにしましょう。 ゆっくりと過ごしたい方は、自分が好きなもので身体と、加えて心も喜ばせてあげましょう。 余裕があれば身体の代謝を直接に助けてくれる果物や野菜などを摂取すると良いでしょう。 自分に合った無理のない範囲で朝ごはんを心がけると、頑張る皆さんを十二分にサポートしてくれます。

▲ページトップに戻る